大事にしていること

自然 園庭のお山、無農薬野菜を作る小人の農園、実のなる木、毎日の生活の中で自然に四季の移り変わりや自然の恵みを感じることができます。
本物体験 本当によいもの、本物と接する機会、実際に体験する機会を大切にしています。
食育 週に1回の農園活動、農園でとれた日々のお昼ごはん、月1回、皆で行うおやつ作り等を体験できるようにしています。野菜中心の和食献立で、アトピー除去食の対応も出来る限り対応をしています。調味料や食材にこだわりを持ち、雑穀や、野菜を多く取り入れています。本物に触れる機会を大切に食器も陶器、木製椀などを使っています。
たてわり 年少、年中、年長の縦割りクラスの中、日常的に兄弟のように、異年齢で触れ合うことで、思いやりやあこがれの気持ちを育てています。
個性 一人一人の良さや特性を大切にし、”私は私だから素晴らしい”という自信が生まれる様、担任をはじめ全職員で成長を見守る体制を整えています。
保護者 子育てをする保護者の方も毎日が有意義に過ごせる様に、シュタイナー教育を知る会や歌・手遊びの会、各種講演会を開催しています。参加は自由です。預かり保育や子育て個別相談も行っております。
模倣 幼児期は真似の天才、真似されても良い言葉がけ、真似されても良い人となりを心がけています。
穏やかな空間 教師のゆったりとした歌声、キンダーハープやグロッケンの音色で穏やかな空間を作り出しています。
芸術 無限に広がる色と対話する水彩画、蜜ろうクレヨン、蜜ろう粘土を使用しての遊びの中での作品作り、保育の中でリトミック、その他、専門講師による生演奏のコンサートも体験します。
リズム 1日、1週間、1年間が同じように繰り返され、リズムある生活にすることで、生活リズムが身につき、成長する力が与えられます。
メルヘン&ファンタジー メルヘンは心のミルク。ファンタジーの世界を充分に広げ、集中力、静と動のリズムを感じ、毎日のお話で聴く力、また善悪の判断、道徳感が自然と身につきます。

0歳~20歳までのサポートシステム

「だいち保育園から各務原幼稚園へ」幼児期を通してこの環境で見守らせて頂き、加えて、小学生では2年に一度の同窓会、DAYキャンプなどの行事や小学生のお預かりを行っています。
卒園児の保護者の会“ミントの会”では幼稚園のお昼ごはんを食べて頂いたり、学校生活についてお話しをする中で保護者の方も自信をもって卒園してからの生活を送ってもらえます。
20歳には幼稚園時代にうめたタイムカプセルを開封しに来てくれます。成人した子どもたちに会える私たち教師も胸が熱くなります。
幼児期に根っこの部分を育て花開き成長してゆく過程を保護者様と共に見守らせて頂きます。

 
〇保護者様から寄せられた声を掲載しています。こちらの方も是非ご覧下さい。
保護者様からの声のページへ