子どもに対する大人のあり方

今回は再び子どもに対する私達大人のあり方

姿勢を考えていきたいと思います

 

ハッピーメールでも度々お話している様に

乳幼児期の子どもはは親をはじめとする周囲の大人

友達、取り巻く環境など・・

本人が意識していなくても真似をします

 

「私の言い方にそっくり!」などと

ふとした仕草や言葉にドキッとしたことありませんか

 

〝3つ子の魂100までも〟のことわざではありませんが

7歳までが特に周りを真似する=模倣する事が強いのです。

 

動作や言葉を真似するだけでなく

私達大人の考え方も自然と取り込んでしまうのは

例えば大人同士の話での相槌やニュースを聞いての批判など、

何気ないことを子どもも聞いているからです

 

「お母さんがこんなこと言ってるから、この人は悪い人だ。」

「あの子のお母さんのことをこうやって話しているから

あの子の事は嫌い!」など・・

 

反対に何気ない事に「ありがとう」「ごめんなさい」と

感謝の気持ちを口に出すと、それもいつの間にか真似します

 

「 ありがとうって言うんだよ。」「ごめんなさいでしょ!」と

ついつい強制しがちですが、

それよりも私達大人の感謝の気持ちを

自然に伝える場面を子どもが見ていれば

言われなくても口にする様になります

 

叱られたから謝るなど、強制的に言わされても何が悪い事か、

どうして言う様に叱られているのか、がわからず

子ども達は大人に対して不信感を募らせるでしょう

 

子ども達が感謝の気持ちを伝えてくれたら誉めることも大切です

身近な人から誉められることは何よりも嬉しいこと。

大人の私たちでも誉められると認めてもらった

前向きな気持ちになりますよね。

 

でも、子ども達にいつも見られているから

模倣されてもいい様にしなければ

プレッシャーを感じる

そんな気持ちは持たなくても大丈夫!

完璧な親はいませんもの

 

子ども達がこれからの長い人生を過ごしていく

土台となる乳幼児期

子どものことが気になり、つい要求を強くしたりしがちです。

 

言うのは簡単ですが、その前に私達が自分の姿を振り返り

その姿を子どもが自然と模倣できることを

少し意識してみることから始めてみませんか

 

それだけでも子どもの姿は変わってくるはずです